神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

Personal Memo

悪い噂が絶えないU-NEXTの対応の記録 Vol.3

2017/04/13

はい、神風です。

前回から約1ヶ月経ちました。

悪い噂が絶えないU-NEXTの対応の記録 Vol.2

上は前回の記事。この続きですね。

前回の対策で、「これでクレジットカードを勝手に使われる事はなくなった。やれやれ」と思ってた私にいきなりのおかしなメール。

楽天カードからでした。

この時点で既に凄い嫌な予感。

カードが利用されました、のメールでした。

日付は10月15日近辺。すみません、今確認出来ないので正確な日付は不明なんですが、取り敢えず、10月中旬です。

U-NEXTからです。

そんな予感はしてましたけど、嫌な予感程良く当たるとはよく言ったものですね。

腸が煮えくり返りそうになりましたが、深呼吸して冷静に。

待って下さい。前回の記事でも書きましたが、クレジットカードは9月25日付けで凍結しています。

9月25日に凍結して使えないはずのカードが10月15日に使われている。

・・・なんで?

9月に凍結したなら、10月に使うのは不可能です。

逆に、10月に使えるなら凍結してなかったって事です。

これは楽天側に明らかな瑕疵があるのではないだろうか?

1ヶ月振りにこんにちわ、消費者センターに行ってきました。

今回の担当者は、ちょっと中立寄りの人でした。

前の記事で「絶対に味方になってくれる」と書きましたが、そうでもないみたい。人によるんですねぇ。

まぁ、当然ですけどね。相談員も公務員ですけど、人間ですし。

そして、今回の経緯を相談。

相談員が楽天カードに電話して確認。

そして判明したんですけど。

カード使用がユーザーに報告されるタイミングは、必ずしも即時ではない、らしいです。

今回、私が10月15日に受けたカード使用報告、U-NEXTの月額使用料、9/1~9/30までの分でした。

使えないはずのカードから請求が来る、その唯一の方法があるそう。

つまり・・

9月25日より前に、U-NEXT側から9/1~9/30の月額利用料の請求がクレジットカード側に終わってる。そして10月15日に「カード使用報告」がユーザーに知らされる。

これなら、カードが解約になってるのにも関わらず、10月にカード使用が起きて、11月に請求が来る事になります。

そして、この請求を私が拒否をすると、カード会社側として「正当な請求が支払われなかった」として、信用情報に契約不履行の情報が登録されるでしょう。

この情報は客観的に見れば正当な情報なので、後で何かをするのに(新しくクレジットカードを作ったり、家のローンや車のローン等)不利な情報になるでしょう。

正直言って、物凄い理不尽な気もします。

だけど、筋は通ってはいなくとも、法律に違反している訳でもなく、契約に違反している訳でもないから、これで私が支払い拒否をすると、完全に私が悪、という事になります。

月の請求額が確定していないのに(U-NEXTは1作品○○円、という風に課金して視聴する動画もあります)、月初めに請求する権利が発生した途端に請求を確定させるU-NEXTという会社も常識がない会社ですが、そんな前から確定させたのにユーザーへの報告がこんな遅くする楽天クレジット部門も(連絡はメールなので、確定させたら即時報告する事が可能にも関わらず)、会社の規模だけが大きくて、全く信用が出来ない会社だという事ですね。

今回の事件は、法律さえ守ってれば何をしてもいい、と思っている常識が通用しない会社(U-NEXTですね)と。

法律を守って自社の権利が守られれば、ユーザーがどうなろうといいと思っている自己中心的な考えのクレジット会社(楽天の事ですね)の組み合わせでここまで酷い事になったという事ですね。

皆さんに私から言える事とか、対策とか。

皆さん、クレジットカード使ってますか?

そのクレジットカード会社、信用出来ますか?

何かあったら、ちゃんと守ってくれますか?守ってくれると思うなら、その法的根拠はありますか?

破った場合の罰則とかもちゃんと書いてある契約書、持ってますか?

持ってる人はちゃんと確認しましょうね。

でないと・・・

私の様に、悪質な会社からの請求が来ても、クレジットカードの支払いを止められずに、納得のいかない請求を黙って払わないといけない様な状況に陥りますよ?

私多分、今後クレジットカードを作る様な事は2度としないと思います。

だってクレジット会社、信用出来ないですもん。

今後は分からないけどけど、もし私が大成して資産を持つ様な身分になっても、クレジット会社から営業が来ても、「お前の会社は信用出来ない」ってはっきり言うと思います。

皆さんに言える事は・・

自分の資産を好きに引き出させられる様な、見ず知らずの会社のATMになりたくなければ、クレジットカードは作らない方がいいです。

クレジットカードを作るという事は、自分の口座から落とせる小切手を金額無記入で相手に渡す様な行為だという事を肝に銘じて作りましょう。

「大げさな事言ってるなぁ」と思う方も居るでしょう。多分、私も今回の様な被害を受けなければ、同じ事を考えると思いますよ。

だって、普通に生活してて、クレジットカードを作れる様な会社は社会的に信用があって、ちゃんとしてると思うじゃないですか?

まさか、クレジット会社が詐欺紛いの行為を黙認するとは思いませんよね?

残念、楽天カードはそういう行為をするらしいですよ?

それと、こういう被害はあんまり多数聞かないと思います。だからそんなに無いと思う方も居るでしょう。

甘いですよ。

今まで、こういう詐欺紛いの行為が少ないのは、クレジット会社、もしくは請求する側の会社の最低でもどちから片方に良識があるからなんです。

つまり、「たまたま」良識のある会社と取引をしてるだけに過ぎません。

現状で私から言える、皆さんに対する警告としては・・・

楽天カードは所謂、誠意の無い会社です。年会費無料でも、審査が甘いとか色々言われてますけど、絶対に気軽には作らない方がいいです。数千円をケチる事で数万円毟り取られます。

U-NEXTは常識の無い、自社の利益の為ならユーザーから一方的に毟り取る様な事を平気でする会社です。延々と使い続ける覚悟がない方は絶対に登録をしてはいけません。もし、登録をしてしまった場合は、必ず金額が発生しない事を「電話で」確認して下さい。ネット上だけでは信用出来ない会社です。法律の穴を突いてお金を毟り取ろうとしてきます。(退会した証拠がないので、継続してご利用があります、と本当に信じられない様な屁理屈で請求してきます)

そして、U-NEXTの解約に電話が繋がらない事も相当考えられます(こういう会社です、わざと電話を取らない様にして解約をちゃんとした、という証拠を残さない様な卑劣な手段を取る可能性もあります)が、繋がらないからと言って、絶対に諦めてはいけません。

もし、電話が繋がらなかったら、必ずお近くの消費者センターに行きましょう。そして相談員の方にちゃんと連絡をして貰って、ちゃんと解約が完了している事、料金は発生しない事を聞いてもらいましょう。今後何か請求が来た場合の法的な証人になります。

電話は必ず録音しておきましょう。これも今後何か問題が起きた場合、証拠となります。(私はこれをしてなかった、後悔してもしきれません・・・)

今回の楽天とU-NEXTという会社以外で注意とか色々

クレジットカードを持ってる方、そしてこれから作ろうとしている方。

クレジットカードって、どうしても持ってなきゃどうにもなりませんか?

これは私の個人的な見解ですが、確かにクレジットカードは便利ですね。

だけど、今回の様な自分の資産を他人に乗っ取られる様な危険を冒してまで手に入れる価値があるものでしょうか?

私はそうは思いません。

消費者センターの相談員に方にも言われましたけど、

「クレジットカードを持つという事は会社がこの人にお金を貸してもいい、という社会的な信用になる」と言われました。

社会的な信用。そう言いますけど・・

その「社会的な信用」とやら。自分の資産を乗っ取られる危険を冒してまで手に入れる価値があるものですかね?

そもそも「貸してもいい」とか、人に金借りないと生きられない時点で、人生終わってると思いませんか?

普通、そういう状況に追い込まれる前に何とかしませんか?日本には例え無一文になって生活が出来なくなっても、生存権というものがあって、生きる権利を国が保障してくれます。

生活保護というものだってあるんですよ。

つまり、金を借りなくても最悪生きていく事は出来るのに、金を借りる信用という何の価値もないものの為に自分の資産を食い潰される危険を冒してクレジットカードを作る。

こう書くと、物凄く愚かしい事をしていると思いませんか?

大丈夫。

今はね、クレジットカードが無くても、それに取って代わるアイテムがあるんですよ。

それは、皆さん(かどうかは分かりませんが)お馴染みのデビットカード

このカード、銀行口座の残高分のみ、支払いが出来ます。つまり、口座残高以上の取引は自動的に出来ない様になっています。

つまり、今回の様な一度登録したら本人がいくら拒否しようとも一方的に請求をする様な事がシステム的に不可能なカードなんです。

勿論、デビットカードはクレジットカードとは違うので、全く同じ様に使う事は出来ません。

ただ、逆に言えば。

デビットカード不可で登録時にクレジットカードしか受け付けない会社は、信用しない方がいいです。

何故なら、デビットカードで支払いが出来ない、と歌う会社はクレジットカードで今回の私の様な対応で法の穴を突く様な卑劣な方法で請求をしようとしている可能性が高い、という事になります。

何故なら、月額課金を通常請求する(ユーザーとの正式な同意の元)場合、デビットカードでもクレジットカードでも支払いは出来るんです。これはシステム的に出来る事なんですよね。

にも関わらず、クレジットカードでないと登録出来ないというのは、どう考えても如何わしい事を目的とした登録をさせようとしている以外の理由が無いんですよね。

これが、銀行振り込みとか、コンビニ払いとか、口座引き落としとか、色々と選択肢があるなら分かります(それならば、そもそもクレジットカードを選択する必要がない訳ですし)。

皆さん、登録する前に考えてみて下さい。

皆さん持っているであろう、携帯電話やスマートフォン。

契約する時、クレジットカードを登録しないと契約出来なかったですか?そんな訳ないでしょう?

私のも、振込み用紙が毎月送られて来てましたよ。(今はNTTのクレカ。これも請求先を用紙に戻す予定。)

そうなんです。別にクレジットカードを入力しないと登録が出来ないっていう時点で会社としてはやばい会社、という事なんですね。

なので、私から言える対策としては。

クレジットカードは本当にどうしようもない時の為に、1枚だけ持っておくといいかも知れないけど、本当にそれを使うしか方法がない場合の最後の手段とした方がいいです。(そうすれば、仮におかしな請求が来た場合、自分では一切使っていないので、確実に不正請求という事になります。使っていない事が証拠になります。)

普段使うのには、デビットカードがベター。ベストは銀行振り込みかな。相手側から不正に出金する事が不可能ですからね。

登録にクレジットカードが必要なサービスは、そもそも詐欺紛いの行為をする可能性が高いので、どうしても登録したいなら、詐欺を受けても黙って支払い続ける、相手のATMになる覚悟が必要。

U-NEXTって非常に割りに合わないサービス

ネットで色んな所で散々な評判のU-NEXTです。

登録して、内容を見て即解約した私から言いますと。

U-NEXTはサービスとしては最低です。(私の好き嫌いを除外しても)

Blog等で「U-NEXT」を薦めてくる記事をたまに見掛けますが、騙されてはいけません。

そういう記事の管理人は、U-NEXTから相当なお金を貰ってると推察出来ます。

儲かれば他人がどうなろうと、どうでもいいと思ってる人種です。そういう人の養分になりたくないなら、絶対に信用してはいけませんよ。

そして、例え月額のサービスを利用したとしても、その月額の料金で見られる動画が物凄く少ない。毎月1000PTとか付いてくるのかな?それを払って視聴すればそれなりに見る事は出来るとは思いますけど、それでも10本も見られないんじゃないかなぁ、多分。

数はあります。但し、視聴するにはポイントを支払って作品ごとに購入をして視聴をする必要があります。

利用頻度にもよりますけど、名ばかりの「見放題」の月額課金の使用権、それに作品ごとの課金で。

ライトユーザーでも、月に3万~4万は覚悟する必要がありそう。

他のBlogにも書いてある、「サイトが重くてぜんぜん見られない」というのは、これは誤解です。

それは恐らく、視聴している人のネット環境のせいではないでしょうか?

何でもかんでも批判したい訳でもないんですよ?私もね。

Huluとかもありますけど、あれは視聴層が限られていますね。ただし、マッチする人には最高かもね。軽いし安いし作品多いし。

私が薦めたいのは

TSUTAYA DISCUS

ですね。

発売されている作品限定ですが、無制限での借り放題のプランもある様ですし、枚数が少ないけど、安い定額プランもあります。

VISAデビットカードも使えるみたいですよ。

正直、U-NEXTとは比べ物にならない程、コストパフォーマンスいいですよね。

今後の方針

ひとまず、10月15日の請求については、カード解約前の請求という結論みたい。

よって、そこまでは支払わないと色々と私に不利な条件になりそうです。

それでも1万円以下です。その為に弁護士を雇って戦う、というのもあまりにも不毛ですよねぇ・・・

勉強代はちょっと高くつきましたが、今回は仕方ないかなぁ、と思いました。

これが、私に資産が数億円とかあって、散財してもいいから、私をコケにした会社にダメージを与えないと気が済まない!とかなら戦うんですけども。

正直、この程度の被害で戦うと私の方が絶対損をする未来しか見えません。

まぁ、楽天とU-NEXTという会社がどういう会社で法律の穴を突いてでも人の金を毟り取ろうとする酷い会社という事が分かったので、その勉強代だと思う事にしましょう。

というか、そう思わないとやってられないわ!

U-NEXTの退会の確認メールでは、9月分の請求はする事になります。という旨は明記されていました。

今回の請求は9/1~9/30利用分。

なので、今回の請求までが相手側の言う「正当な請求」という事になります。

相手の考えが、法律違反しなければ何をしてもいい、という事が分かりました。なので、もし来月請求が来る様なら(相手が間違いだと言おうと)、そういう反応がこちらに届く前に、U-NEXTにクレームとか一切入れずに(勿論楽天にも)、即警察へ行き、被害届を出そうと思います。

普通は、相手側の真意を問いただして、要領を得なかったら警察に相談。そこでも解決しなかった場合、任意で被害届を出す、という流れになりますけども。

相手側がそもそも、「法律違反でなければなにをしてもいい」という会社なんです。なので、こちら側も「法律違反でない方法で可能な限り相手側を有罪に出来る様に動く事」を信条として動こうと思います。

先に不義理をU-NEXTと楽天がしたんです。

なのに、なぜこちら側が気を利かせて動かないとならないのか?

そんな必要はないですよね?

むしろ、相手を貶める様な行動に「結果的に」なったとしても、法律に違反してなければ問題ないはずです。なにしろ同じ事を先にしたのはU-NEXTと楽天です。

文句を言われる筋合いはないと私は思います。

一応、銀行口座は相手側が言い張る「正当な」請求と言ってる、11月の引き落としまではそのまま使いますけど、11月末を持って、凍結します。

今度はクレシットカードに請求があがっても不正な請求が確定していますので支払い義務はありませんし、請求を上げれば黙って払うと思ったら大間違いですしね。

そして、この件で信用情報に事故情報が載った場合は、信用情報に間違った情報を送信したとして、信用情報の管理会社に告発を行っていきます。

同時に楽天側の信用情報の書き換え資格の停止を申請するでしょう。

まぁ、やるだけの事はしますけどね。いざとなったら。

という事で、また来月、報告兼ねてまた記事書きますね。

こういう被害を被ったからこそ、もしかしたらちゃんと使えるカードを紹介出来るのかも知れないなぁ・・そのうち比較の記事でも書きますかね?

-Personal Memo
-, , ,