神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

Trend

米次期大統領のトランプさんは、生粋のビジネスマンだと思う。

2017/04/22

はい、神風です。

ついこの前に大統領選が終わって、共和党のトランプさんが次期大統領に決まりましたね。

今回はそんなトランプさんの事について書いていきたいと思います。

ドナルド・トランプという人。

引用元不明

選挙期間の過激だったり、差別的だったり、選挙相手ての暴言だったり、色々と物議を醸し出しそうな発言が非常に目立った候補者でした。

「この人こそ!」みたいな優れた候補者が居ない中、前述の様な暴言が目立つ候補者が居たので、メディアがこぞって取り上げたせいで、あれよあれよと共和党の代表候補者になってしまいました。

確かに、こういった公式なイベントでここまで強烈な個性を出す人はなかなか居ないでしょうし、メディア側としても取り上げたら面白いから視聴率取れるだろうという打算があったんでしょう。

それに、メディア側も「こんな人が大統領なんかになる訳がない。」と舐めてかかってたのもあると思います。

はっきり言って、メディア側もメディアの力を舐めすぎ。

実際どの国でもだと思うけど、政治にしっかり興味と知識があって、「私が投票したい人はこの人!」って明確なイメージを持ってる人ってそう居ないと思うんですよね。

その中で、いつも見てるテレビやラジオ等でトランプさんの事が連日連夜報道されてたらどうでしょうか?

何度も何度も耳にしたり目で見たりしている間に脳内にイメージが焼きついてしまうんじゃないでしょうか?

そうなったら、特に明確な候補者のイメージを持ってない人は、「取り敢えず」でトランプさんに投票しちゃうんじゃないの?

そのせいでトランプさんが当選したなら、今の状態はメディアのせいだよね?

何か、メディア側は「何でこんな事になったんだ・・・」みたいなまるで被害者面してるけどさ。

お前らのせいだよこれ?

まぁ、責任の所在を今更考えても、もう大統領は決まってしまったんです。

もうどうしようもない。

今更後悔してもどうにもならないんですよ。だったら建設的な事に時間を使った方がまだマシなんじゃないでしょうか?

なので、今となっては現実の物となってしまいましたが、次期大統領のドナルド・トランプさんとはどんな人かを考えていきましょう。

米国での一番の成功者と言われている?

まぁ、これは言いすぎかもしれませんけど、それに近い扱いを受けていますね。

引用元不明

皆さんこれは知ってますよね?超有名な映画です。

この映画の中で出てくるお金持ちの人。

引用元不明

映画の中で「ビフ」と呼ばれてる元不良。未来のギャンブル雑誌を過去に残してしまったせいで、過去の世界が変わってしまって、その雑誌を元にして大成功を収めたキャラクターです。

このキャラクター、どうもトランプさんがモデルになってるらしいです。

つまり、映画のキャラになる程の、分かりやすい「資産を持った成功者」という訳ですね。

アメリカでビジネスマンとして成功するというのは、運もあるでしょうけど、かなりの実力がないと無理だと思うんですよ。

つまりトランプさんは、ビジネスマンとしては超一流

だからこそ、おかしな言動があってもアメリカの経済を立て直して国民の暮らしを豊かにしてくれるんじゃないか、と主に貧困層から期待されたのかも知れないね。

因みに、富裕層はそもそも共和党支持者が多いです。

離婚暦があって、今の奥さんは3人目?

これに関しては、まぁどっちでもいいですね。

アメリカは日本と違って、離婚についてネガティブなイメージはあまりありません。

比較的お気軽に結婚離婚をポンポンとしている感じがします。

例えば、日本とかだと性格の不一致があっても離婚歴が結構なネガティブイメージあるせいで、決定的になるまで我慢して結婚生活を続けてしまう人が多いでしょうけど、アメリカでは性格の不一致が分かった時点でお手軽に離婚してしまう、というのが割とよくあるらしいですよ。

ネガティブなイメージがないので、子供の情操教育にもあまり影響がないっぽいね。

勿論、不貞行為とかで離婚とかは、日米関係なく最悪な結末になると思うけどね。

情操教育にも非常によくないだろうし。

トランプさん、長女に全幅の信頼を寄せているらしい。

そんなに優秀な方なのかなぁ?

トランプさんが嫌われている訳

これも色々な要因はあると思いますけど。まぁ、順番に書いていきましょうか。

生まれてから今まで裕福側の人間

一部、妬みの様な感情もあるでしょうね。

こればっかりは人間なんだし、仕方ないんだと思いますよ。

誰だって聖人君主な訳じゃないし、こういう感情が起こるのはある程度は仕方ないんだと思う。

ただねぇ、マリー・アントワネットじゃないけど、今までひもじい思いした事ないのに、本当にこんな人が貧困層の事、分かるのかね?

まぁ、これに関してはヒラリー候補も五十歩百歩だとは思うけどね。

ビジネスマンの分、ヒラリーさんよりはトランプさんの方が貧困層の人を見る機会は多そうね。

見たからといって、理解してるかどうかはまた別問題だとは思うけど。

選挙活動がビジネスマンの手法

これが一番、トランプさんが世間に誤解されている要因だと私は思ってます。

トランプさん、選挙中はかなり過激な発言多かったでしょ?

これってビジネスマンの交渉術の定石とも言える手法なのよね。

つまり、相手と交渉を有利に進める為に、最初は敢えて無理難題な条件を提示して、その後自分の本命の条件に近づけていく。

そうすると早く交渉が決定すればする程、自分に有利な条件での契約が締結出来るんですよね。

つまり、トランプさんの過激は発言は、交渉の最初の無理難題に当たる訳ですね。

こういう定石が分かってる人ならおかしな誤解はしないでしょう。

でもね、政治って損得だけでするものじゃあないんですよね。

ビジネスでは最優先が自分側の利益で、次が信用だったりする訳ですけど。

政治では信用第一で、相手からの信用を勝ち取ってからの、さぁ交渉だ、でそこから自分側の利益を考える訳ですよ。

トランプさんの失敗はそこに集約されるんじゃないかなぁ。

国同士の交渉です。一度だけで終わりではないんですよね。

今後も長く付き合っていかなければいけない訳ですよ。

しかも交渉事は全て超重要。

そんな超重要な事、信用出来ない人間と出来ますか?

例えば、日本と米国の交渉で、日本がある事をするから、米国はお金払ってね、とか

日本がお金払うから、米国はこれこれこういう事をやってね、でもいいです。

日本がやる事やってお金払ってくれないとか、日本が金払ったのに何もやってくれない、とか。

約束したでしょ?って言っても「そんなの知らん」とか言われたらどうするの?

国同士なんだし、憲法で縛られてる訳じゃないんだし。

そうなったら、日本泣き寝入りするしかないのかな?

まず交渉するなら、そういう事が起きないだろうと、最低限の信用がないとそもそも交渉にならないですよね。

つまり、トランプさんは選挙の時に暴言、これを確実に履行しない限り他国では「全く信用出来ない人間だ」と思われてしまう訳ですよ。

選挙で言った事を守らない訳です。作戦だ、と言った所で嘘付いた事は事実な訳です。

そんな嘘付きと交渉する国なんて存在するんでしょうか?

今後の事

何はともあれ、もう当選してしまったんです。

アメリカで連日大規模な反対デモが起きてますけど、もう意味ないですよ。

当選したって事はトランプ派がマジョリティだと決定した訳です。

民主主義というのは数の暴力が合法化されているという事です。

どうしても嫌ならもう、アメリカ国民を辞めるしかないんじゃないかな。

トランプさんは「偉大なアメリカを取り戻す」と言ってますけど。

アメリカが偉大になるか、どこにも相手にされない様なゴミ国になるかは、トランプさんの今後の言動で世界の国から信用を勝ち取れるかに掛かってるんじゃないかな。

アメリカという国が居ないものとして世界と関係を持つのは、日本としては非常に痛い損失ではありますけど、別に居なければ国家が立ち行かない訳ではないです。

他の国家もそうだと思うよ。

あ、韓国は別かな?米国失ったら多分あの国は無くなるよね。まぁ、日本には関係ないかw

そういう訳で、今のままの信頼で外交をするなら、米国が困った時は誰も助けてくれないんじゃないかな。勿論、日本も含むだろうけど。

トランプさんは、契約と損得だけで他国との外交をやろうとするとそうなるよ。

今後、米国が見捨てられるか、助けて貰えるかはトランプさんの信用が回復するかどうかに掛かってるよ。責任重大だね、トランプさん。

おまけ

引用元:忘れちゃった。

この人、何で演説で喋る時、手をお金のジェスチャーで話すの?w

癖になっちゃう程、お金が好きなのかな?それとも、お金の事しか考えてないのかな?

まぁ、どっちでもいいけど、日本のデメリットにならない事を祈っていますよ。

-Trend
-, ,