神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

Twitter

WordPress設定 - Twitterに自動投稿する様に設定する Vol.2

2017/05/02

はい、神風ですよ。

今回は、前回の記事の続き、WordPressとTwitterの連携についてやっていきます。

 

twitter-lance-un-plugin-officiel-wordpress

今更ですけどねぇ、記事を分ける必要あったのかちょっと疑問。まぁ、完成して統合してもいいと思ったらその時やりますかね。

前回の記事はこちら  WordPress設定 – Twitterに自動投稿する様に設定する

前回、PlugInのインストールと有効化までやったので、そこからですね。

設定 ⇒ {SNAP}Social Networks Auto Poster

↓クリックで開きます↓

SNAP設定-top

最初に自分のアカウント情報を入力する所があります。

どういう動きをするかちょっと分かりませんが、設定途中でおかしな投稿を行ったら困ってしまいますので、今回の作業ではこのアカウント関連の設定は最後にやります。

「Social Networks Auto Poster」の基本的な設定

基本的にはデフォルトで運用して問題なさそうです。

細かい変更が必要であれば、その都度設定を弄っていけばいいのかな?

ただし、Twitterに投稿をする関係から、BlogのURLは短くしないと色々と利便性が悪い。

という事で、「短縮URL」を活用しようと思いますよ。

URL Shortenerを弄ります。

↓クリックで開きます↓

SNAP設定-短縮url

色んな短縮URLサービスが使える様になっています。

短縮URLというのはどういうものか、というのが実は意外と知られていないんですね。

短縮URLの詳細は書くと長くなってしまうので、この件は別の記事に書こうと思います。

今回私がやる事ですが、途中で使用不能になるとSEO的には非常に良くないです。

例えば、数年後にURLを開いたら記事に飛ばない、とか。こういうのってアクセスアップの機会を失っているって事ですから。

無料サービスというのはある日突然、サービスが終了してしまう危険性があります。

なので今回は独自ドメインで設置する自前の短縮URLを実装していこうと思います。

ちょっと見辛いですが、画像の一番下。「YOURLS」と言う所です。

↓クリックで開きます↓

SNAP設定-yourls

身辛かったので、スクロールさせた画像を張りました。

この画像だと真ん中辺りにありますね。

必要なものはYOURLS API URLYOURLS API Secret Signature Tokenが必要な様です。

必要な情報を得る為に、以前導入したYOURLSにアクセスします。

YOURLSの設置の記事はこちら - WordPress設定 - 短縮URLを独自実装する。

↓クリックで開きます↓

yourls設定-top

左上の上から2番目にある「Tools」をクリックします。

↓クリックで開きます↓

yourls設定-tools

このページの「Secure passwordless API call」という所までスクロールします。

Your secret signature token: ******* (It's a secret. Keep it secret)

一応、このキーがバレるとHackされる危険性があるので、隠しています。

このキーが、上記のYOURLS API Secret Signature Tokenです。入力します。

そしてYOURLS API URL、これ多分yourls-api.phpの場所かな?多分そうだろう、という予想をして入力します。

違ったら後で直すからいいや!

後々必要になったら変更するとして、ここまで設定したら一番下のボタン「Update Setting」を押します。

次は実際にPlug-Inで投稿するTwitterアカウントを決めます。

Twitterアカウントを作成

既に持っている方は現在使ってるアカウントでもいいです。

ただ、テストして運用した方が、設定が間違っていた場合にフォロワーに恥を拡散♪みたいな感じになりますのでお勧めしません。

なので、今回はテストアカウントを作成、動作を確認してから本体のアカウントに適用する方向でいきます。

Twitter

↓クリックで開きます↓

twitter-top

右側にモザイクしています。

私も既にメインのアカウントを持っていますが、テストアカウントを作る側ですw

右上の「アカウント作成」を押します。

↓クリックで開きます↓

twitter-accountmake

上から順番に埋めていきます。

  • 呼び名(ニックネーム)です。ここでは「テスト垢その1」としてます。
  • 電話番号、またはメールアドレス。電話番号では替えが効かないので、メールアドレスを入れます、事前に替えが効くメールアドレスを取得しておきます。
  • パスワードを入力しましょう。

入力したメールアドレスとパスワードは後々、何かと使う情報です。誰にも分からない様に記録しておいた方がいいですよ。

利用規約やプライバシーポリシーを読んで、問題なければ「アカウント作成」のボタンを押しましょう。

↓クリックで開きます↓

twitter-account-tel

電話番号の入力を求められます。

今回はテストアカウントですので、「スキップ」を押します。

個人情報を入力する事にいささかの懸念もない方は好きにすればいいと思います。

私は悪用とかされたら嫌なので、入力は最小限にしますけどね。

↓クリックで開きます↓

twitter-usermane

Twitterで使うユーザー名を入力します。

これは後から変更が可能な様なので「スキップ」します。

今決まってる方は入力してもいいと思いますよ。

↓クリックで開きます↓

twitter-さぁはじめよう画面

はい、これで一応の入力作業は終わりかな?「さぁ、はじめよう」のボタンを押します。

↓クリックで開きます↓

twitter-興味がある事

残念、まだありました!

今回はテストアカウントなので、何も選ばずに「続ける」を押します。

↓クリックで開きます↓

twitter-アドレスupload画面

自分のアドレス帳をUploadして、その中に含まれるTwitterユーザーを調べるか聞いてきます。

今回はテストアカウントですので「利用しない」を押します。

アドレス帳に含まれている連絡先というのは、連絡先の人があなたを信用して教えているデータです。

そういうデータをTwitterに引き渡しても良い、と思う程Twitterの会社を信用しているなら調べて貰えばいいと思うよ。

まぁ、私個人としては、そういう事を平気でやる人とはお付き合いはしたくないですねぇ。

Twitterで個人情報漏洩とかあったら、その人の友人のデータが勝手に流出してしまう訳でしょ?

謝って済む話ではないし、色々とデータを作り直す必要が出て来ますよね。

そういう損害を弁償するのは当たり前だし、そもそも自分のせいじゃないのに被害を受けるのがどうも納得出来ないなぁ。

まぁ、好きにすればいいと思うよ。何が起きても私は知らないけど。

↓クリックで開きます↓

twitter-フォローする人を選ぶ画面

フォローするアカウントを選ぶらしいです。

テストアカウントなので、「全てを選択」の横のチェックを外して、今「21人をフォローして続ける」を押します。

チェックを外すと文言は変わりますけど、とにかくそのボタンを押します。

↓クリックで開きます↓

twitter-ポップアップ通知画面

今回のテストアカウントでこれを有効にすると、かなりウザい事になりそうなので、今回は「今はしない」を押します。

↓クリックで開きます↓

twitter-アカウント設定完成

最初に登録したメールアドレス宛にこのアカウントを有効化する為のリンクが送られています。

メールをチェックして有効化しましょう。

そして、左側の30%完了とか言ってるのは全て「スキップ」でいいです。

テストアカウントですから、そんなに設定しなくてもいいだろうと思います。

これでテストに使うアカウントが作成されました。

次はTwitterアプリの登録をします。

記事が長くなってしまったので、次に続きます。

次の記事はこちら↓

WordPress設定 – Twitterに自動投稿する様に設定する Vol.3

-Twitter
-, , ,