神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

Twitter

WordPress設定 - Twitterに自動投稿する様に設定する Vol.4

2017/04/13

はい、神風です。

前回、WordPressのPlugInの「Next Scripts: Social Networks Auto Poster」(通称SNAP)を設定して、今まで書いた過去の記事をランダムにTwitterに自動投稿する様にしました。

新規記事も自動的にTwitterに投稿して拡散する様にしました。

現在は無事に過去記事も新規記事も自動投稿されていますが、実は結構色々と詰まったので、その対処方法等を今回は紹介して、問題をどうやって解決していったかを載せていこうと思います。

引用元不明

一応、前回の記事がこちら↓

WordPress設定 - Twitterに自動投稿する様に設定する Vol.3

色々と問題は発生するし、設定も非常に面倒なものでした。

だけど、これやるだけのメリットはあると思うよ!

WordPressでBlogをやっている方はこれ、やった方がいいと思う。

やっぱ、色んな人に見て貰うのはモチベーションに繋がりますし、アクセスをアップするには露出を増やさないといけません。そもそも知って貰わないといけませんよね!

という事で、前回までやった設定でその後詰まった事を書いて、その対処方も書いていきます。

同じ様にやろうとしている方で同様の問題に当たったら、この記事を参考にして解決してみるといいと思うよ!

SNAPで設定したのに、過去記事が自動投稿されない!

なんかもう、前回の記事は何だったんだ!みたいなジョボンな結果ですが、実際にこうなってしまったんだから仕方ない。

前回の記事の様に設定をしました。これなら自動投稿されるはずなんですけど・・・・

何故か投稿されないという状態に。

何でや・・・

設定を見直してみたけど、別に問題な所は見つからない。

設定したYOURLSの方を見ても問題は・・・・・問題は・・・・・

んん?!

設定では投稿する記事が決まったら、自動的にYOURLSで短縮URLを発行、そのURLをPlugInに返してTwitterにタイトルと短縮URL、そしてその下にアイキャッチを添えて自動投稿される、というはず。

なので、個別に設定を見る事でどこまで処理が進んでいるか分かります。

これが全て自前で作ったメリットですね。

YOURLSを見た所、記事のURLがYOURLSの方に届いていない感じがします。

何故なら、もしPlugIn側が自動投稿する記事が決まって、YOURLSにURLを送信した場合、YOURLS側は自動で短縮URLを生成します。

その場合、例えその後にPlugIn側で問題が起こったとしても、YOURLS側には短縮されたURLとその元のURLが記録されるはず。でないと誰かがURLを踏んだ時に実際のページに飛べませんからね。

だけども、その短縮URLを発行した形跡がない

つまり、YOURLS側に処理が届いていない訳で。問題はその前の処理にあるという事ですね。

SNAPにはテスト投稿するボタンがあります。押してみる。ポチっとな。

Twitterに普通にテスト投稿が投稿されました。つまり、SNAPがエラーを吐いた訳じゃない。

どういう事だろうと思いつつ、最初の頃の記事からチェック・・・チェック・・・・

んん!?

↓クリックで開きます↓

SNAP設定-shorten

画像の真ん中、Shortenって所がありますねぇ。チェック入ってないですけど。

でも次のAutoが入ってるんですから、投稿しないのはおかしいと思うなぁ。

一応、チェック入れて更新してみようっと・・・・

投稿された。

お前かアァーーーーーーーーーーーーーーッ!!!

という事でね。

私の様に100記事とか書いた後にPlugInを入れて設定をした方は過去記事のチェックを見直した方がいいですよ。

どうやら、この自動投稿する設定、前の記事は自動的にチェックが入る様な親切設計ではない様です。

まぁ、勝手に投稿されたら困る人の為に、敢えてそうしてるのかも知れませんけどね!

過去記事の自動投稿時にYOURLSの短縮URLで投稿されない

これもかなり悩みました。

しかも、私の場合は全ての記事が短縮URLを使ってなくて、という訳ではなかったのがちょっと嫌らしい。

結論から言うと、これは前述のShortenをチェックする事。それとYOURLSへのアクセスを抑える事。

YOURLSはSQLを使っていますので、あまり短時間の集中的なアクセスはXserverの方でブロックされるのではないだろうか?

それと、YOURLSに限らないですが、phpファイルのパーミッションを確認しましょう。

私は755にしたら動きました。やっぱ実行権限が必要だったんだろうか・・・

過去記事自動投稿時の画像がバラバラで格好悪い

これは結構調べました。

どうやらこの画像はWordPressの記事のアイキャッチ画像を使うみたいで、そこに指定した画像をそのまま引っ張ってきて貼り付けている様なのです。

なので、Blogで使っていたアイキャッチ画像のサイズがバラバラだと、Twitterで投稿される画像もバラバラになる。

なので、アイキャッチの画像を全て統一、もしくはTwitterで使われるのを前提のサイズにしなくてはいけません。

つまり・・・

全ての過去記事をチェックして、アイキャッチの画像を作り直す。

うへぁ・・・

まぁ、やりましたがね!

仕方ないよなぁ、やらないと綺麗に表示されないし。不恰好な投稿じゃあ、アクセスアップも難しいですし。

一応、私は画像のサイズを1200x630を基本に揃えました。

別のサイズで揃えてもいいと思います。だけど、私の場合はFacebookでの自動投稿も視野に入れて変更していますので、このサイズになりました。

結果

 

↓クリックで開きます↓

twitter-testaccount

なかなか綺麗な投稿じゃあないでしょうか?

自画自賛ではありますが。

現在、3分ごとに過去記事を自動投稿する様にしてあります。

本来使う場合は3時間ごとに自動投稿とかなんですが、動作テストをするので、その時に3時間ごとにしちゃうと、設定を変更したらその確認に3時間も掛かってしまうので。

最終チェックとして、実際に使う仕様(3時間ごとに過去記事を自動投稿)にして数日様子を見ます。

後は、皆が注目したり興味を惹かれる記事を書くしかありませんなぁ・・・

まぁ、そこが難しいんですけどね!

以上です。

-Twitter
-, , , ,