神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

YOURLS

SEOに有利になる短縮URLの事を知ろう。

2017/05/02

はい、神風です。

今回は題名でも書きましたけど、短縮URLというのをちゃんと理解しましょう。

短縮URLとは

yourls-logo

 

上画像は「Yourls」という短縮URLを作れるシステムです。

最近はTwitterやFacebook、InstagramとかSNSで全て済ませてしまう人も多いでしょうけど、ネットで稼ぐ人は大抵Blogを持っていると思います。

Blogを持っていなくても、自分のホームページはあると思うんです。

正直、これがないと始まりませんからね。

Blogを構築する上で日本でかなり有名になってきてるのが、私のサイトでも使ってる「WordPress」というものです。

前まではドメインやURLアドレス、全部半角英数字でしか表記出来ませんでした。

でも、最近は日本語ドメインも使える様になった事もあって、BlogとかでもURLに日本語を使って、記事の内容がURLから想像出来る様に工夫している方もいますよね。

実はこの「日本語URL」ですが、見た目は確かに日本語なんですが、機械的にはピュニコード(Punycode)という特殊な配列の文字列で表現されています。

これ、実は普通に人伝手に伝えるなら問題はないんですが、例えばTwitterとかBlogの記事にリンクを張るのに、ちょっと困った事になってしまう場合があるんです。

ここで一つ、日本語ドメインと日本語のURLを使って内容が分かり易そうな感じにしたURLが、実際のピュニコードでどういう表記になるか例を出しましょう。

http://今すぐ使える役立ち情報.com/高額な入院費を返金してくれる手続きがあった!/

というURLがあったとしましょう。URLからどういう記事かが非常に分かりやすいですよね。

これなら読者も安心してクリックしてくれるかも知れませんねぇ。

そして、このURLをピュニコードに変換するとどうなるかと言うと・・・

http://xn--r8jp0a8a3po43ojbb524bjop56cz77h.com/%e9%ab%98%e9%a1%8d%e3%81%aa%e5%85%a5%e9%99%a2%e8%b2%bb%e3%82%92%e8%bf%94%e9%87%91%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e6%89%8b%e7%b6%9a%e3%81%8d%e3%81%8c%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81/

こうなります。

長っ!!!

なんかもう、いかにもなスパム感出てしまいますよねぇ。

実際は本当に役立つ情報を書いたとしても、URLの怪しさでそもそも読んでくれない、みたいな悲劇が起きそうな臭いがプンプンしますよ。

しかもですよ?

Twitterとかだと、つぶやく文字数に制限がありますよね。

それなのに、こーんな長ったらしいURLをつぶやいたらどうなります?

つぶやきがURLだけになってしまいます。そんなつぶやき、誰も見ないでしょう?むしろスパム認定されかねません。

そんな事になったら、Twitterアカウントが使い物にならなくなります。SEOでアクセスアップどころの話ではありませんよ。

もしかしたら、URLが長すぎて文字数制限超えてしまってURLさえTwitterで発信出来ない、みたいな状態に陥る危険性もあります。

読み手が分かりやすい様に日本語のURLにしたのに、日本語URLのせいでスパム認定される、もしくは自分の記事をSNSで紹介さえ出来ない。

こんな本末転倒な話はありません。

そこで出てくるのが「短縮URL」です。

短縮URLのシステム

そのままでは長すぎて使い物にならないURL。

そのURLを短くして使いやすくするサービスがあります。

大抵は専用のサーバーがあって、そこに登録をする事で使える様になります。

つまり・・・

(自分の記事の)URLをクリックする

自分の書いた記事

という経路を・・・

(短縮URLサービスで変換した)URLをクリック

短縮URLを発行したサーバー

(URLに書いてある文字列から、対応している変換前のURLを調べて、自動的に接続)

自分の書いた記事

という流れを作る。これが短縮URLのシステムです。

短縮URLを使う方法

大まかに言うと、有料と無料があります(当然ですが)。

何にしても、やはりお金掛からずに使えるなら、勿論使いたいですよね!

という訳でまず無料の方から紹介していきましょう。

無料で使える短縮URLサービス

Google URL Shortener

↓クリックで開きます↓

google

 

無料で使える短縮URLサービスでは最大手ではないでしょうか。

皆さんご存知のGoogleが運営している短縮URLサービスです。

ここでURLの短縮をすると・・・

http://www.example.com/

http://goo.gl/****/

(****はランダムの文字列)

というURLに変換されます。

他にも、ここで短縮するとトラフィックのチェックとかも出来るみたいですね。

詳しくはサイトで確認するといいよ!

Google URL Shortener

TinyURL

↓クリックで開きます↓

tinyurl

老舗の短縮URLサービスのサイトです。

日本ではあんまり馴染みのある所ではないでしょうが、先駆けと言われた所です。

ここでURLの短縮をすると・・・

http://www.example.com/

http://tinyurl.com/****/

(****はランダムの文字列)

というURLに変換されます。

Bitly

↓クリックで開きます↓

bitly

日本ではここは結構使われていますね。

Twitterとか見ると、結構頻度高い様です。

ここでURLの短縮をすると・・・

http://www.example.com/

http://bit.ly/****/

(****はランダムの文字列)

というURLに変換されます。

上記URLとは別に、会員になってログインユーザーのみが使えるドメインもあります。

有料で使える短縮URLサービス

調べてみたら、有料なものもありましたけど、勝手に載せちゃうとマズイ可能性がありそうなので、アフィリエイトのコードを張る許可が出たらここは紹介しようと思います。ただ紹介するのに訴えられたら嫌じゃないですか^ ^;

ただ、基本的には自分のホームページに設置するタイプが多いみたいですねぇ。

中には専用のサーバーに接続して短縮URLを発行出来る、専用のソフトというのもある様です。

まぁ、有料の魅力は何と言っても、何か問題が起きてもサポートが付いている、という事じゃないでしょうか?

むしろ、サポートがない有料ソフトって、それ存在意義あるの?って気が私はしますけどねぇ。

無料で使える短縮URLソフト

Area61 U短

作者のホームページです。Area61.NET

ソフトなので、普通にインストールして起動、元のURLを入力すれば、自動的に短縮されたURLが表示されます。

どうもこれ、Firefoxのアドオンとかもあるみたいですねぇ、元がこれなのかはちょっと分かりませんがね。

製作者は東京都八王子で何人かでチームを組んでプログラムとかを組んでいる方達の様ですね。

折角日本人の方がかなり親切にページを作って頂いてるので、ここでの詳細な説明は省きます。

詳しくは作者のホームページをご覧下さい。

YOURLS

↓クリックで開きます↓

yourls

これ、正確にはソフトではありません。

じゃあ何かと言うと、SQLを使ったPHPスクリプトです。

何のこっちゃ、な人が殆どだと思います。

もう少し分かりやすく説明しますと・・・

データベースを使用した、PHPが使えるサーバーに設置してそのサーバーのドメインを利用して短縮URLを発行するシステム

という事になります。

このYOURLS、自分のサイトを持ってない人にはあまりお勧めは出来ないんですが、自分のサイトを持ってる人には、はっきり言って一番お勧め出来る短縮URLシステムです。

ネットで稼ぐには色々な方法がありますけど、所謂広告収入を期待するアフィリエイトや直送物販のドロップシッピングは、自分でレンタルサーバーを借りて、自分専用のドメインを契約して運営するのが定石です。

まぁ、このネットで稼ぐ話の詳細はまた別の機会に記事を書くとして。

つまり、ネットで稼ごうとする人はほぼ、自分のサーバーを持ってて、独自ドメインも持っている、という事になります。

そうなると、短縮URLを実現するのに自分のサーバーにYOURLSを設定してアップロードして使えば、他のサイトに依存する事がなく、短縮URLが使える訳です。

自分専用の短縮URLのシステムを持つ事は、メリットがあります。

・自分のサーバーで自分の独自ドメインからの発行する短縮URLなので、他のサイトがサービスを終了したから、今まで宣伝してきたURLが突然使えなくなる、様な事がない。

・独自ドメインを増やした分だけ、同じページでも違うURLを作れる。つまり、同じページの紹介でもウザく思われにくい。

他にもあるでしょうけど、思いつかないや(テヘペロ)。

思いついたら追記しますわ。

そして勿論、デメリットもあります。

・設定がめんどくさい。

・管理者が自分なので、問題が起きても全て自分で解決しなければならない。

・SQLのデータベースを使用するので、設定ドメインの数だけデータベースが必要。

因みに、私もこれを使ってますがな。

私の場合は付随する機能を使いたいから、というのもあるんですが、それは後述します。

短縮URLに付いて来る場合もある付随機能

サイトを運営する人には結構重要な事ですが、PVって大事です。

でもね、一番重要なのって、私は情報だと思うんですよ。

その重要な情報、実際に記事やページを宣伝して、読者がどこから来てるのかのトラフィックを調べる事が出来るサービスが付随している場合があります。

これが本当に便利。

つまり、読者がどこから来てるのか、そのトラフィックを見ると分かる様になるんですよね。

例えば、一つの同じ記事があるとしましょう。

宣伝するにあたって、Twitter専用の短縮URLと、Facebook専用の短縮URLを用意したとします。

そのトラフィックを見る事によって、Twitterから来てくれた読者がどれ位居て、Facebookから来てくれた読者がどれ位居る、そしてGoogle等検索から来た人はどの位居る、とかも分かりますよね。

PV数 - (Twitterからの読者 + Facebookからの読者) = 検索から来た読者

という単純な図式です。

こういう使い方だって出来てしまいます。

ね?便利でしょ?

こういうサービスもあります。

つまり、短縮URLとは?

TwitterやFacebook等、SNSを使って記事やサイトページを紹介するのに、やはり短縮URLは必要なシステムだと思いますねぇ。

以前は掲示板等で宣伝とかをするのも定石の一つでしたけど、今はもう掲示板での張り付け自体、不快に思う方が多いのもありますけど、スパム判定される可能性が高くて、その結果が検索エンジンに跳ね返ってサイト自体が検索に引っかからなくなる危険性もありますから。

SNS等での宣伝は今や、アフィリエイみたいに自分のサイトで広告収入を得る為の必須な手段になりつつあります。

そのSNSでのURLの貼り付けにはやはり文字数の制限もありますし、長すぎるURLでスパムみたいな見た目にして見る方に警戒感を与える様なものは避けなければなりません。

そうなるともう短縮URLはSNSで紹介するには必須なものだと思います。

短縮URLを使う場合にも、大きく分けて2種類の使い方があるんじゃないでしょうか?

自分のサイトを持たない人、自分の個人的なお勧めサイトや記事の一時的な紹介、だけならGoolgeとかの無料で使えるサービスを利用するのが一番手軽ですよね。

もう一つは、自分のサイトを持ってて、アフィリエイトとかをやってて、一度紹介したURLを永続的に使える様にしてサイトの紹介効果を永続的に持続させたい場合は、YOURLSの様な自分で設置するタイプのものがいいと思います。

お手軽なものを使うか、自分用の専門的なものを使うか。

SNSで紹介する前に選択をしておいた方がいいですね。

最後に。

私の記事だけで全ての短縮URLの情報が網羅出来る訳ではないです、当然ではありますけど。

もっと詳しく知りたい方は、Google先生とかで検索して色々調べると幸せになれるかも知れませんよ?

最後に、私からのやって欲しくない、出来ればやめて欲しい事をお願いしておきます。

短縮URLは悪用も出来てしまう。

これは書こうか迷いました。

でも、知らないでやってしまう人も居るかも知れないので、皆さんの良識を信じて敢えて書いていこうと思います。

アフィリエイトで稼ぐ、といっても中々結果が出ない方が大多数だとは思います。

本当に稼げる人って一握りですよね!

でも、稼ぐ事を優先するあまり、人に不愉快な思いをさせてでもお金を得ようとする人はやっぱり出てきてしまうんです。

短縮URL、これは本当に便利なものですけど、悪用も出来てしまうんですよね。

短縮URL、実際に見るサイトのアドレスが変換する事により、見えなくなってしまいますよね。

そうすると、こういう事をする不届き者も現れてしまうんですよ。

・短縮URLを使って、クリック保障型のアフィリエイトを騙して踏ませる。

・短縮URLの先にウイルスを仕込んで、クリックした人の情報を盗もうとする。

・第三者のサイトを短縮URLで多数登録して、スパムで流して嫌がらせをする。

・etc...

色々手口を書けばキリがないですけど、かなり悪どい事も出来てしまうんですよね。

これはどんなツールにも言える事ですけど、悪意を持って使えば、どんな便利な道具も凶器になり得る、という事です。

ネットで稼ぎたい人にお願い。

そして、ここからはアフィリエイト等、ネットで稼ごうとしている方達に私からのお願いです。

インターネットでも何でも、お客さんが商品を買うのって、何でそこで買うんでしょう?

同じものは色んな場所にもありますよね?

近所とか安いとか、色々理由はあると思いますけど。

実際に店舗で買う人とかは、やっぱりお店を信用して買うんだと思うんです。

だって、どんなに安くて、どんなに近所でも、そのお店が信用出来なかったら、買わないですよねぇ。

実際の店舗ではちゃんと商法というのもありますから、あまりにも非常識な事は普通起こらないだろうと思います。

でもね、起こらないのは絶対じゃないんですよね。

商法とか、法律を無視して平気な顔をするお店だって絶対無い訳じゃない。

それでも商品を買うのは、最低限、そういう事はしないだろうと信用しているからお金を払って買うんですよ。

つまり、

いくらお金を稼げようと、信用を失ったら次の儲けは絶対にない。

お客を騙してアフィリエイトで一時的に稼いでも、騙された人は非常に嫌な気持ちになります。

そういう気持ちになった人はもう2度とアフィリエイトを利用しようとは思わないでしょう。

不正者が増えると、その産業自体がうさんくさく思われてしまう。

僅かな不正者のせいで、アフィリエイト=悪、という図式が出来上がってしまう。

という事を覚えておいて下さい。

ですから、これからアフィリエイトの紹介とかをする方にお願いします。

これからの皆さんがアフィリエイト等、ネットで稼ぐ機会を奪わない為にも、不正な利用だけはやらないで下さい。お願いします。

私はアフィリエイトとかドロップシッピングとかって、訪問販売のセールスマンと同じじゃないかと思っています。

稼ぎたいなら、やはり最初に信用を得る努力をするべきだと思うんですよね。

ちゃんとお客さんの事を考えて、気持ちよく利用してもらう。

その気持ちがない人からは、商品を買おうとは思わないんじゃないかな。

私はそう思うんだ。

-YOURLS
-, , , ,