神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

YOURLS

WordPress設定 - 短縮URLを独自実装する その2

2017/05/02

はい、神風です。

今回は前回の記事の続き、短縮URLを自分のサーバーで使える様にしよう、という目的の為に設置や運営をしていこうと思います。

前回の記事 - WordPress設定 - 短縮URLを独自実装する。

一応軽くおさらい。

短縮URL発行を自分の管理するサーバーに実装するメリットとしては、

  • 短縮URLのドメインを自分の契約しているドメインで作れる。
  • 複数ドメイン契約で同一ページに複数の短縮URLを割り振れる。
  • 他のサーバーの影響を受けずに短縮URLを使える(突然のサービス終了とかが無い)。
  • トラフィックの調査が自分のサーバーだけで出来る(管理しやすい)。

主なメリットはこんなもんでしょうか?

まだ探せばありそうですけどね。

まぁそんな訳で、サーバーとドメインの契約をしている方にはお勧めする方法なんですよね。

という訳で。

前回はYOURLSをサーバーにアップロードする準備まで終わりました。

さていよいよアップロードしましょう、と言いたい所ですが、ついでにPlug-Inもここで入れてしまいます。

Plug-In、「Random Keywords」を入れておく

実はYOURLSはこのまま実装しますと、URLの最後の所が連番の番号が順番に割り振られていきます。

「私はそれでいいよ!」って人はここはスルーしてもいいですが、連番で振られるという事は、番号で何個目の短縮URLかが分かってしまいます。あまり格好良くはないですよね?

なので、最後の文字列をランダムの英数字にしてしまおう、というのがこのPlug-Inの機能です。

GitHub - Random Keywords

上記URLにある、「plugin.php」をダウンロードしましょう。

その後、このファイルの置き場所を作ります。

前の記事で解凍したファイルの中にあるフォルダ、「user/plugins」に移動します。

↓クリックで開きます↓

yourls-plugin1

この場所に「random-keywordsという名前のフォルダを作りましょう。

↓クリックで開きます↓

yourls-plugin2

こうなりました。

この新しく作ったフォルダの中に先ほどダウンロードした「plugin.php」を入れます。

これで基本は出来上がりです。

Random Keywordsの設定

人によっては変更したい部分があると思います。

$ozh_random_keyword['length'] = 5;

この項目は、ランダム文字列を割り振る時の文字数です。

基本的に5でも大丈夫だと思いますが、文字数を増減させたい方はここを設定しなおしましょう。

.htaccessを作っておく

これはアップロードした時にサーバーに直接作ってもいいんですが、先に作っておくと色々捗ります。文字コードとかのせいで動かない、とかの悲劇を防げます。

内容は以下の通り。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.*)$ /yourls-loader.php [L]

適当なテキストファイルを作って、内容をコピペしましょう。

この書き込んだコードの機能とかを説明すると非常に長くなるので割愛しますけど。

とにかく、これを書いた.htaccessを作ってサーバーにアップロードすればいいんだな。」と思って問題ないと思います。

作った「.htaccess」を置く場所は最初にリネームした「index.php」と同じ所に置きましょう。

上記の「RewriteRule ^(.*)$ /yourls-loader.php [L]」についてですが、前の記事の様に「public_html」の中に「yourls」ってフォルダを作って、そこにYOURLSをアップロードして使いたい場合、ここの表記が変わってきます。先程の場合は「 /yourls-loader.php [L]」の前に「yourls」ってフォルダに入ってるよ!って教えてあげないといけません。なので・・

RewriteRule ^(.*)$ /yourls/yourls-loader.php [L]」という表記に変わります。自分の設定に対応させて表記を変更しましょう。

 

YOURLSをサーバーにアップロードする

使いやすいFTPクライアントを使って解凍したYOURLSのフォルダの中身を全てそのまま配置したいスペースにアップロードしましょう。

FTPクライアントは色々ありますけど、私は結局昔から使われているFFFTPを使っています。

WinSCPとかもありますけど、別に大企業のホームページじゃないんだし、普通にFTPでいいんじゃないかと思ってる私。

↓クリックで開きます↓

ffftp

無事にアップロード完了しました。

YOURLSにアクセスしてみよう

その前に、前の記事で書いたんですが。

覚えているでしょうか?

なので、いつも使っているドメインを流用したい場合は、「public_html」の中に何かフォルダを作って、そこにYOURLSを入れて使うのが通常ですかね(サーバーによっては別の便利な方法もあるんですけど、その件はまた別の記事で)。

私はこう書きました。

ここでその「別の便利な方法」を書こうと思います。

まぁ、もったいぶる程大した事ではないんですが、サブドメインを設定して、そのドメインをYOURLS専用にするだけなんですけどね。

ご存知の通り、私のドメインはkamikaze-blog.comです。

このドメインのTOPをYOURLSにするとファイル名が重複していてページの挙動がおかしくなる危険性があります。

また、後々問題が起きた時に、YOURLSのファイルなのか、ページのファイルなのか判別が付かなくなる可能性もあって、あまりよろしくない。

そこで、エックスサーバーのサーバーパネルからサブドメインを作成、そのサブドメインをYOURLS専用に使う事にしました。

YOURLS専用ドメインはarticle.kamikaze-blog.comとしました。

この方法は契約するサーバーによっては、サブドメインが設定出来ない所もあると思います。また、設定出来るにしても、最大設定数が決まってる所もあります。エックスサーバーでは嬉しい事に無制限なので、何の悩みもなく気軽に設定出来るのがいいですね。

という事で、早速設置したYOURLSにアクセスしてみましょう。

「http://article.kamikaze-blog.com/admin/」にブラウザから行きます。

私の場合はこういうアドレスになるってだけです。各自設定したアドレスに置き換えて考えて下さいね。

 

↓クリックで開きます↓

yourls-login

ログイン画面が出てきました。

ここに出てるUsernamePasswordですが、「config.php」で設定した

$yourls_user_passwords = array(
'username' => 'password',);

この項目。ここに入力した情報を入れましょう。

↓クリックで開きます↓

yourls-mypage

ログインをした画面がこちら。

Plug-Inを使用可能にする設定をする

先ほど、アップロードする前にPlug-Inを設定しました。

今度は入れたPlug-Inを実際に使える様に設定をしていきます。

Manage Pluginsをクリックしましょう(上の画像で見ると左上にありますね)。

↓クリックで開きます↓

yourls-pluginsetting

真ん中位に先ほどアップロードしたPlugInありますね。

Random Keywords」ってやつです。

そこの列の右端にActionって項目があります。

そこの何も表示されていない所にマウスを持っていくと、Activateと浮き上がります。そこをクリックしましょう。

↓クリックで開きます↓

yourls-有効化

はい、有効化出来ました。

これでYOURLSを使う様にする設定は終わりです。

後はお好きなURLを入れて短縮URLに変換して使いましょう。

お疲れ様でした。

-YOURLS
-, , , ,