神風さんの呟きBlog

神風がその時々の新着情報について書いていくBlog

WordPress

WordPress設定 - Blogを統合とか色々したので細かい設定をします。

2017/05/02

はい、お久しぶりです。神風です。

細かい事を書くと非常に長くなりますので大まかに説明しますと、Blogを分離して統合しました。

その過程で細かい設定を変更したり、より良い設定に切り替えたりしたので、変更した部分等を解説していきますよっと。

短縮URLを使ってTwitterに自動投稿を廃止。

Twitterへの自動投稿を停止した訳ではありません。

ただ、以前の記事で「YOURLS」という短縮URLを自前で発行出来るシステムを構築しました。

その短縮URLでTwitterに自動投稿していた訳ですが、いくつか問題がありました。

  • 私の環境下では短縮URLを発行しても長さがほぼ変わらない。
  • 変わらないにも関わらず、短縮URL経由でのアクセスだとアクセスログがWordPress上から追えない(YOURLSから調べれば可能ですが非常に煩わしい)。
  • あらゆる面で言える事ですが、物事を実現するのに手順が少なく単純な経緯で実現した方が後々面倒な事が起きた時に対処が容易。

つまり、短縮URLは止めた。

だけどそのまま垂れ流しだと、それはそれで困った事になってしまいます。

  • YOURLSを構築した記事でも触れていますが、2バイトコードの文字列がURLに入ってしまうと長くなる。

他にも何かあった気はしますが、一つだけしか思いつかなかった!

ひとまず、上記の問題を片付けていきます。

WordPressの設定の設定でURLを1バイト文字のみにする。

1から解説していきます。

今回は私がやった方法を書いて行きます。

他にも方法はあると思いますけど、私のやり方が嫌な場合は自分で調べてみるといいよ!

パーマリンク設定を変更して狙ったキーワードのみをURLに指定する様にする。

左メニュー 設定 ⇒ パーマリンク設定

↓クリックで開きます↓

すでに画像に答えが載っていますが、つまり「カスタム構造」を使用します。

私の設定の場合、入力BOXに「/%category%/%postname%/」と入れています。

これはドメインの後ろは投稿記事のカテゴリーが入って、その後に記事のパーマリンク設定に設定してある文字列が入ります。

まずこれで記事のURLが統一されました。

変更はこれだけでは不完全です。次の設定をします。

記事に表示されるカテゴリーとURLに表示されるカテゴリーを変える。

左メニュー 投稿 ⇒ カテゴリー

既に自分でカテゴリーを作っている場合は設定をしたいカテゴリーの下の「クイック編集」を押します。

まだカテゴリーを作成していない方はこの機会に記事をカテゴリー分けする様にしよう!

管理上もユーザー視点でも利便性が上がります、結果SEO効果も見込めます。

※画像は私のカテゴリーの「トレンド」の設定です。

↓クリックで開きます↓

設定方法としては上の画像の通りなんですが、よく分からない人の為に詳しく書きますと。

名前:WordPressのサイト上で表示されたり、自分が管理で使う名前。

スラッグ:サイトのURL上に表示される文字列。

こんな感じですかね。

例えば私のblog記事の「お隣の韓国で色々と進展がありました。」って記事を例にしますと。

記事のURLが「http://kamikaze-blog.com/trend/korea-3/」になるんですけど。

この真ん中にある「trend」という文字がカテゴリーです。

でも、日本語で「カテゴリー」となっていませんよね?

そうなんです。スラッグを指定しておくと本当はカテゴリーの名前が問答無用に挿入される所に代わりの文字を入れてくれる、これがスラッグの役目です。

つまり、スラッグに分かりやすい1バイト文字を入れておく

超・便利ー!ヽ( ・∀・)ノ

この機能がWordPressに付いているのかStingerPlusのテーマのものなのかは知らないけど。便利よねぇ。

これで2バイト文字でURLが鬼の様に長くなる問題、解決!

次行きます。

Twitterの自動投稿の設定を弄る

以前の記事でTwitterにWordPressで書いた記事を自動投稿する設定をしました。

こちら ⇒ WordPress設定 - Twitterに自動投稿する様に設定する

この記事で触れているPlugIn、「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」の設定を変更していきます。

何故これをするかと言うと、正直不適切な古い記事を自動投稿すると、やっぱりTwitterをチェックしてる人にとってはウザい訳ですよ。

それに、私のBlog、タグ「トレンド」の記事はタグの如く、その時期のトレンドな話題について書いている記事な訳です。

それを過去記事として投稿しても、その頃には記事は古い情報ですよね?

所謂そういう「役に立たない記事」を垂れ流すのはやっぱ読者にとっては不快だろうと思います。

私ならそうですし。

なので自動投稿の設定を修正して、所謂時事ネタを自動投稿しない様にしていきます。

テスト垢で垂れ流していた自動投稿も、流石にもう仕様も把握した事ですし、潮時でしょう。

設定 ⇒ {SNAP}Social Networks Auto Poster

Settingタブを開きます。

↓クリックで開きます↓

画像を載せましたが、設定する所はこの下ですので、スクロールをさせていきます。

↓クリックで開きます↓

はいここです。「Autoposting Filters」という所を設定します。

既にチェックしてありますが、ここの「Filter Posts」にチェックをします。

これは、投稿記事にフィルターをかけて、自動投稿を有効にする記事と無効にする記事を分ける設定です。

Categories and Tags

記事に入力したカテゴリータグでフィルターを掛けます。

Post Type, Post Format

WordPressで標準である投稿フォーマットをごにょごにょらしいっす。

ぶっちゃけ、私は使う機会がないと思うから知らない。

Author

これは実際に記事を投稿した人でSNAPを動かす人と動かさない人を分けるフィルターみたいね。

複数の人間でBlogを運営している場合は使えばいいと思うよ。

私の場合は個人Blogなので使わないっす。

というか、ここで自分を指定したら全部SNAPで投稿出来無くなっちゃうし。

 

今回の変更では「Categories and Tags」を使っていきます。

タグは結構好き勝手に付けているので、指定しない方向でいきます。

という訳で、私の場合は「トレンド」と「個人メモ」を指定しました。

↓クリックで開きます↓

これで完成です。

では次に行きましょう。

記事へのコメントを出来ない様にする

正直、この設定は人それぞれだと思います。

私は暫くの間Blogを運営してきて思ったのは。

コメント、反応してないわ。

実際にサイトを運営する上でのスタイルと言いますか。

読者のコメントに反応しながらわいわい運営するのが好きな管理人も居るでしょうし。

私の様に管理人からの一方的な情報発信の方が楽な人も居るでしょう。

これはどちらが正しい、とかは無くてまさに「人による」としか言えませんけど。

このBlogを運営する上で、私は後者だっただけです。

まぁ、どうしても私に伝えたい事がある方は、以前作ったコンタクトフォームからアクセスして頂きましょう。

と言う事でやっていきます。

設定 ⇒ ディスカッション

↓クリックで開きます↓

ここの「投稿のデフォルト設定」の「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外します。

最後に一番下の変更を保存のボタンを押しましょう。

これで今後、新しく記事を作った場合はコメントが出来なくなります。

次は、現在投稿されている記事の変更をしていきます。

本来は、過去の記事を全て手動で変更していかないといけないんですが。

Stinger Plus、便利だねー(∩´∀`)∩

実は私が使ってるテーマ「Stinger Plus+」ではテーマの設定から一括でコメント出来なくなる設定があります。

左メニュー ⇒ STINGER 管理

色々なメニューがありますが、今回変更する設定は「投稿・固定記事設定」なので、押します。

↓クリックで開きます↓

画像では既にチェック入っていますが、「コメント欄を非表示にする」にチェックを入れます。

最後に忘れずに、一番下の「save」ボタンを押して有効化して下さい。

また変更する事があったら記事にしていきます。

お疲れさまでした。

-WordPress
-, , , ,